廃乾電池・廃蛍光灯・水銀の処理処分リサイクル

日本唯一の水銀リサイクル処理企業

社員の声

片山 龍一

片山 龍一

事業所・部署名 総務部総務課
入社年度 平成26年4月
出身学部 商学部
入社の動機

自身の特性を活かすことのできる総務職を志望し、就職活動を行っていた際に野村興産に出会うこととなりました。インターネットで調べてみると日本における水銀のリサイクルを先導している会社であることが分かり、社会への大きな貢献性に惹かれることとなりました。また、総務職での採用であり、入社後には社内コミュニケーションが主になる点を考え、入社までに出会った方々の人の良さも大きな志望動機となりました。

担当する業務内容

私は本社の総務に所属しております。担当する業務を一言で表すなら、社内業務の「なんでも屋」です。給与の計算から社内行事のセッティング、昼食のお弁当の注文など様々な業務を行っています。業務の種類は多いですが、そのすべてが総務以外の業務に携わっている方が自身の業務に集中できるよう手助けすることに繋がっています。業務の性質上、社外よりも社内への対応やコミュニケーションが大事な業務です。

仕事のおもしろさ・やりがい

総務の仕事はルーチンの部分がありますので、黙々と何かに取り組むことのできる人が向いているかもしれません。そんな総務ですが、社内コミュニケーションに良さがあります。大きな仕事よりも細かな仕事の方が多く、人との距離や出会う回数も社内である分近く多くなるため、「ありがとう」と言ってもらえる回数が他の業務よりも多いと感じるためです。また、総務の業務は会社が会社であるために必須となるものが多く、会社がスムーズに動くための土台部分を担当できていると思う点もやりがいの一つです。

今後の抱負

何度か説明しているように総務は社内コミュニケーションが重要です。コミュニケーションをスムーズに行うには相手に信頼されていることが必要なのですが、総務の業務は多岐に渡り、失敗が目につきやすいものです。そのため、知識を身に付け様々な事象に対応できるようにすることを、常時行っていかなくてはなりません。まだまだ足りていませんが、頼れる総務社員になれるように日々勉強、日々精進の精神で努力していきます。

学生へのメッセージ

就職活動を思い返してみると精神的に追い詰められていく非常に大変なものだった印象があります。経験者としてアドバイスしたいことは、「決して独りよがりの活動にしてはいけない」ということです。もちろん個人の問題ではあるのですが、一人で活動しなくてはならないものではないはずです。一人では視野が狭くなり、悪循環が生まれやすくなります。その循環にはまってしまう前に客観的な目を必ず取り入れてください。きっと道が広がるはずです。人との出会いは一期一会です。頑張ってください。

別の社員の声はコチラ