廃乾電池・廃蛍光灯・水銀の処理処分リサイクル

日本唯一の水銀リサイクル処理企業

ご依頼の流れ

1.お問合せ
乾電池、蛍光灯、含水銀廃棄物のリサイクル・処理のお問合せはこちら 主な処理品目
計器 体温計、血圧計、圧力計、流量計等
廃薬品 廃試薬(甘汞(塩化第一水銀)、昇汞(塩化第二水銀)、マーキュロクロム)、ネスラー試薬、チメロサール(エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム)、廃農薬等
機器 水銀スイッチ、水銀リレー、イグナイトロン、水銀整流器等
汚泥 排水スラッジ、廃触媒、塩水マッド、廃アマルガム等
建設廃材 水銀付着解体コンクリート、水銀付着廃木材、水銀付着スレート等
吸着剤 活性炭、キレート樹脂等
その他 水銀含有廃油、廃酸、廃アルカリ、水銀付着ウエス、廃プラスチック等
その他廃棄物
  • 水銀以外の有害物を含む各種廃液、汚泥、廃試薬等
  • 感染性廃棄物等処理困難物
  • 汚染土壌:水銀含有汚染土壌

感染性廃棄物

2.ご依頼内容の確認
  • 弊社又は協力会社が担当致します。
  • 担当者からご連絡致します。
  • 廃棄物の現物確認やサンプルの提供をお願いする場合もあります。
3.ご提案
  • 処理方法のご説明
  • お見積書の提出
4.契約
  • ご契約前の処理施設のご視察も承っております。
  • 契約書締結
  • 廃掃法では処理を委託する場合には、書面で契約書を取り交わすこととうたわれております。
5.収集運搬

お客様からイトムカ鉱業所または関西工場まで収集運搬致します。
※マニフェストの使用方法につきましては、社団法人 全国産業廃棄物連合会のホームページをご参照ください。

6.処理処分

中間処理・最終処分

7.ご請求

処理報告(マニフェストの返送)とともに処理委託費用をご請求致します。