廃乾電池・廃蛍光灯・水銀の処理処分リサイクル

日本唯一の水銀リサイクル処理企業

関西工場

関西工場のご案内

イトムカ鉱山発祥之地
関西工場

関西工場プロフィール
敷地 事業区分 廃棄物の種類 廃蛍光灯処理能力
6,475m2 中間処理 蛍光灯 等 年間6,900t

2004年1月大阪市西淀川区に年間最大4,500トンの処理能力を持つ使用済み蛍光灯再資源化処理工場を稼動しました。

当プラントは「水洗浄」による水銀・蛍光体の分離を行なっており、洗浄に使われた水は薬剤による処理と水銀吸着塔を通過させることにより水銀を除去した後再び洗浄水として利用する為、外部への排出水が全く無いクローズドシステムとなっています。カレットの主な用途は、グラスウールの原料となっており中間処理工程で分離された残渣は、北海道北見市のイトムカ鉱業所にて焙焼処理により水銀が回収されアルミ金属等は回収物資源としてリサイクルしています。

更に、2009年9月からはカレットの蛍光灯用ガラスへのリサイクルに取り組み、現在は蛍光灯向けガラスの生産も行なっています。これにより年間2,400トンの処理能力をもつ中間処理施設が併設され年間最大6,900トンの能力をもつ工場となりました。

蛍光灯の投入
蛍光灯の投入
関西工場内
関西工場内

廃蛍光灯リサイクルの流れ

廃蛍光灯リサイクルの流れ

施設情報

関西工場

関西工場

〒555-0041
大阪市西淀川区中島2丁目4番143号
TEL 06-6476-0025
FAX 06-6476-0026

Google MAPを開く アクセスマップPDF(131KB)

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには"Adobe Reader"がインストールされている必要があります。
左のアイコンより無償でダウンロードできます。

関連リンク